éMu-teブログ

    新潟県長岡市の美容室 éMu-te エミューテ

     >  プロが語る!美容のホント >  ノンシリコンシャンプーって結局どうなの?

    ノンシリコンシャンプーって結局どうなの?

    こんにちは。佐藤です。

    今回はちょっと前に流行ったノンシリコンシャンプーのことをお話しします!

    その名の通りシリコンが入ってないシャンプーの事。

    気になった、または使ってみたことがあるって方も多いのでは?

    サロンでもよく聞かれます。

    「ノンシリコンシャンプーっていいの?」

    答えは、、、人それぞれです(笑)

    そもそもシリコン(シリコーン)ってなんぞや?

    今日はそこからスタートします。


    化粧品、ヘアケア剤に使われているシリコン(シリコーン)は膜(バリア)を張って熱

    や水、外からの刺激から守ってくれるものです。

    ノンシリコン使ったら髪がパサパサしたって経験ありません?

    このバリアが無くなったからです。

    実際の効果としては、、、

    化粧品だとウォータープルーフ!撥水性があるので水でメイクが落ちない。

    ヘアケアだとドライヤーの熱から髪を守り、紫外線から守り、枝毛などがある人は膜で覆うことで枝毛の進行を遅らせる、予防する。

    「じゃいいものじゃん!」とお思いでしょう?

    まぁシリコン自体は悪いものではありません。

    何かと混ざることで強力な膜を形成します。

    ここはかなりマニアックなので省略…

    でも(強力になった)シリコンは膜で覆うので頭皮や肌の毛穴を塞いじゃうって可能性もあるんですね!

    お風呂で洗えば体、顔にもついています。

    さっき言った通り水も弾く訳ですから、すすいだだけじゃ落ちません。

    毛穴(頭皮、肌)を塞いでしまうと新陳代謝(肌の排泄機能)を妨げる=薄毛(頭皮)、ニキビ(肌)が進行するといった要素もあるんですね~

    細かい話をすれば分子の構成上、シリコンは網目状になってるから完全に塞がないとも言われます。

    もちろんものによってはそういうものもあるでしょう。

    でも網目状も重なり合えば段々密になっていきますよね?

    完全に塞がなくても代謝が上手くいかなければトラブルが起こるのもまた事実。

    特に女性の皆さん!背中ニキビありません?

    それシリコンで毛穴塞いでるかもしれませんよ?

    こうやって聞くとやっぱあんまり良くないんだって思いません?

    お肌には良くないでしょうね。

    でも前述した通り髪に対しては悪くないものです。

    ただノンシリコンが流行るちょっと前はシリコン入りは当たり前で、どんどん強いものになってきました。

    強力で重ねるほど手触りが良くなりますから!

    だから市販のものはより強力に、よりツルツルな仕上がりに!と進んでいきました。

    そして遂には美容室でカラーやパーマする時に薬液までも弾いてしまって綺麗に施術できない!なんてところまで行って美容師泣かせでした。

    そんな肌トラブルと美容室泣かせが相まって今度はシリコンは良くないもの!

    そんな流れになってきたのもあると思います。

    でもそこまでこってりシリコン重ねだとさすがにアレですが、基本的にダメージのある方には少なからずシリコンは必要だと僕は思います。

    ただ僕が声を大にして言いたいのは、、、

    「シャンプーに入れる必要ないでしょう!!」

    トリートメントやリンスに入ってればそれでいい!

    そうすれば地肌につく心配も減るし、そもそも髪の根元は基本的に傷んでませんからそんなにシリコンケアまでしなくても大丈夫!

    シャンプーはあくまで頭皮や髪を洗うもの

    シリコンシャンプーなんてのは洗車するときワックス入りシャンプーを使ってるのと一緒!

    それぞれ用途を分けてケアをしましょう!

    そうなってくると今度は洗うにしてもなるべく傷めないように洗うことが必要になりシャンプーの洗浄成分が大事になってきます。

    アミノ酸シャンプーって最近よく聞きません?

    それは長くなるのでまた今度。
    関連記事