éMu-teブログ

    新潟県長岡市の美容室 éMu-te エミューテ

     >  プロが語る!美容のホント >  サロンカラーとホームカラーの違い~色編~

    サロンカラーとホームカラーの違い~色編~

    みなさん
    おはようございます
    こんにちは
    こんばんは
    まずは

    美容室・サロン ブログランキングへ
    シエスタ ブログを応援してください!(ポチっとするだけで投票完了!)

    先日、タチカワの講習会に参加させていただいてカラーについて勉強してきました!

    テーマは『ホームカラーとサロンカラーの違い』です。

    皆さんはわかりますか???

    よくホームカラーはサロンカラーに比べて髪の毛が傷む……

    と言われますがそれはなぜでしょうか。

    《ホームカラー》

    ・値段が安い

     ・一般の方(素人)でも簡単に塗れる




    《サロンカラー》

    ・お客様に合わせてプロが色を再現

     ・髪のダメージに合わせて薬の強さを変えている



    これだけ見れば今のご時世

    ホームカラーの値段が安くて簡単に染められる

    こんないいものはない。

    そう思っている方が多いと思います。

    でもそこにはやはり「ウラ」が……

    ダメージの原因が2つ!〔薬の強さ&放置時間〕





    まず薬の強さから

    カラー剤は1剤と2剤をまぜて作るのですが

    この2剤っていうのが大事なんです‼︎

    2剤というのは強さがあって1番強いレベルの6%から3%や1%があるんですけど

    僕らプロ側はお客様の髪のダメージに合わせて

    2剤の強さを調節してダメージを抑えています。

    プロは根元はしっかり染めたいし傷んでないから6%

    毛先は傷んでて色が入りやすいので

    低濃度と塗り分けたり放置時間を調節して

    ダメージコントロールとカラーコントロールをします。

    (新しく伸びた髪の根元はまだダメージがないんですけど毛先にいくにつれて重なったダメージがあります)

    ホームカラーの2剤はなんと!どんな人が使ってもしっかりと染められるように
    つくられているため全て6%なんです‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎

    これを何回も続けてしまうと………ダメージがとんでもないことに。
    「毛先がまとまらない」「ツヤがない」「枝毛、切れ毛がすごい」



    など自分で染めている方はこの悩みがあるはず。

    だって傷んでる毛先にも6%を使っているんですから!

    本来毛先は染まりやすい状態になっているので

    そこまでの強さはいりません!!




    次に放置時間(オーバータイム)

    市販で売っているカラー剤の裏に塗った後(◯○分)放置してくださいという分が書いてありますよね

    みなさんその時間は守っていますか?

    まさか時間を置けば置くほどいいって思っていませんか?

    もしくは塗った後放置しているのを忘れて1時間とか経ったりしていませんか?

    (ドラマや映画にはまって……)

    それは絶対にやめてください‼︎‼︎

    なぜかというと一定時間経った薬はもう反応が終わっています。

    ただただ髪のダメージが増えるだけです!

    よく考えてみて下さい

    自分で髪の毛を染めるのに慣れていない人だと

    塗るのに20分以上、30分なんてかかってしまう人もいます。

    そうすると最初に塗ったところはもう30分も経っているんです!

    もともと放置時間が20分だとするとそれだけで1時間近くに…

    もし忘れていたら2時間なんてことも。髪のダメージすごいことになります

    オーバータイムってすごい髪が傷むんです。

    怖いですよね?

    髪のダメージは完全にもとに戻ることはありません。

    だからこそ、僕たちはお客様のダメージレベル、箇所に

    合わせた処理をしているんですよ!
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する