éMu-teブログ

    新潟県長岡市の美容室 éMu-te エミューテ

     >  プロが語る!美容のホント >  (後半)結局どれがいいの?カラー、白髪染め、マニキュア

    (後半)結局どれがいいの?カラー、白髪染め、マニキュア

    こんにちは、佐藤です。

    まずは

    美容室・サロン ブログランキングへ
    シエスタ ブログを応援してください!(ポチっとするだけで投票完了!)


    前回の続き

    マニキュアタイプのお話から。

    当店では

    弱酸性カラーというのがこれにあたります。

    こちらの特徴は

    ほぼ傷まない!

    逆にツヤが出る!



    先程のアルカリカラーと違い

    髪の表面に

    くっつくだけ!

    ですが脱色をしないため

    黒髪に塗っても

    「ほとんど色がわからんやーん」

    となります。

    薄っすら入りますけどね(笑)

    なので黒髪の方が多い人より

    白髪が多い人を染めるには適しています。

    白髪はベースとなる髪の色素(黒)が

    ほとんど無いため

    明るい色も、暗めの色も

    楽しめます。

    ただ黒髪同じ色にしない限り

    白髪に染めた部分と

    黒髪部分とで色が変わります。

    例えば茶色に染めた場合

    白髪は一本一本茶色に染まり

    黒髪は黒のまま。

    それが逆に

    「メッシュぽくていい」って

    喜ばれるお客様もいらっしゃいます!
    皆さんマニキュアと聞くと

    すぐ色落ちするイメージありません?

    表面についてるだけですから

    アルカリカラーに比べると

    少し早いのも事実。

    しかーし!!!

    完全に白に戻ることはないですし

    色落ちが気になる前に

    伸びた白髪が先に気になると思います。

    当店のお客様で

    このマニキュアタイプで

    染めている方のほとんどは

    色が落ちたからではなく

    伸びたから染めるという方ばかりです。

    極端に言えば

    傷みがほとんどないため

    次、染めるまで持てば良い!

    そもそもカラーとは

    髪にとっては不自然なことをする訳で

    半永久的に染まってたら

    どんな副作用があるか

    わかりません。((((;゚Д゚)))))))(カタカタカタ…)

    繰り返すほど色持ちも良くなりますので

    思ってる程色落ちは

    気にならないと思います。
    まとめると

    アルカリカラーは

    黒髪も白髪も染めることができる

    傷む

    綺麗に同色に仕上がる





    マニキュアタイプは

    白髪なら色んな色に染めることができる

    傷みがほとんどない

    白髪と黒髪だと染まり上がりが違う




    という感じ。

    以上を踏まえて

    僕たちは

    皆さんのなりたい仕上がりに合わせて

    お話を伺った上で

    最良の手段をご提案します。
    関連記事