éMu-teブログ

    新潟県長岡市の美容室 éMu-te エミューテ

     >  プロが語る!美容のホント >  (前半)何が違うの??カラー、白髪染め、マニキュア

    (前半)何が違うの??カラー、白髪染め、マニキュア

    こんにちは、佐藤です。


    まずは

    美容室・サロン ブログランキングへ
    シエスタ ブログを応援してください!(ポチっとするだけで投票完了!)


    ほとんどの方がしているヘアカラー。

    色んなカラー剤がありますが

    何が違うの?

    私にはどれがいいの?

    正直よくわかんないですよね?

    お答えします。

    まず1番一般的な

    ファッションカラー

    オシャレ染め

    グレイカラー

    白髪染め

    ヘアダイ

    染め

    などと言われるもの。
    基本的に全部一緒です!(例外もあります)

    我々美容師はこれらをアルカリカラーと呼びます。

    このカラー剤は市販でも美容室でも

    程度は違えど傷みます。

    ちょっとこちらの

    絵心溢れる図をご覧下さい(笑)


    このカラーは薬剤の力で

    キューティクルとよばれる髪表面の

    鱗のようなもの(髪の内部を守る)を

    無理やりこじ開けて髪の中に染料を入れます。

    そして大体はそれと同時に脱色をしています。

    脱色=ブリーチだけではないんですよ!

    なぜ脱色するかというと

    もともと髪の中には黒い色素が

    入っています。(厳密にはちょっと違うけど)

    それを脱色しないと色が

    黒と混ざって綺麗に発色しないんです。

    だからだんだん明るくなったりするんですね~

    でもこれ開きっぱなしだと

    入れた色素がすぐ出て行くんじゃないの?

    そう思ったあなた!

    エレスコレクート!(正解)です。(分かる人いるかな(笑))

    なので色素が髪の中に入る時は小さく

    中に入ったら大きくなって出にくい!

    そんな仕組みになってます。

    市販でも美容室でも

    よく2種類の薬剤を混ぜて使ってませんか?

    あれによってこの作用が起きます。

    でも開いたキューティクルはそのまま…

    だからパサパサするし、枝毛も増えるし

    ツヤもなくなって見えるんです。

    でもその分幅広いデザインに対応できます!

    これは白髪も気になるけど黒髪の方が多く

    明るみのある感じに仕上げたい!

    (ダークブラウンなども含みます)

    という方に向いています。

    その分ダメージがあるので

    その後のケアもしっかりしなければいけません。

    もちろんサロンでは仕上がりに応じて

    なるべくダメージのないように施術します。

    そこの詳しい話はまたの機会に!

    そしてもう1つがマニキュアと呼ばれるもの!

    後~半に続く♪

    (後半)何が違うの??カラー、白髪染め、マニキュア
    関連記事